« 年中さんお味噌汁昼食会 | トップページ | 一からの畑づくり »

2019年3月22日 (金)

ぼたもち作り

突然ですが、皆さんは「おはぎ」と「ぼたもち」のちがいがわかりますか?
   
実は、おはぎとぼたもちは基本的に同じもので、ちがうのは食べる時期だけなのです。
ぼたもちは、牡丹の季節、春のお彼岸に食べるもののことで、あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたものなのです。
一方、おはぎは、萩の季節、秋のお彼岸に食べるもののことで、あずきの粒をその季節に咲く萩に見立てたものなのです。
よって、春はぼたもち、秋はおはぎと春秋使い分けないといけないのですが、今は年中おはぎで通すお店が圧倒的に多いようです。
   
さて、新年度に向けて、食育サークルでは、子どもたちと一緒に作れるものはないかと話し合い、先日、ぼたもちの作り方を習いに行ってきました。
   
今回は、もち米100%で作りました。ボウルに炊き上がったもち米に、砂糖、塩を加えて軽く混ぜ、めん棒で粒が半分残るくらいに突きます。
   
Photo
   
丸める作業は、手におもちがついたり、そのおもちが熱かったりして、最初は思うように丸められませんでしたが、徐々に慣れていきました。
   
Img_6876_convert_20190322003359
   
今回は、粒あん、きな粉、すりごまの3種類を使用し、順に形を整えていきます。きな粉とすりごまは、おもちの中に粒あんを入れ、丸めてからそれぞれの衣に転がしてつけました。
   
Photo_2
   
子どもたちが食べやすいようにと、小さめのものを作りましたが、家で子どもたちと持ち帰ったぼたもちを食べた時に、1番大きなぼたもちを、「おいしい、おいしい」と言いながらペロリと食べてしまいました。おもちを丸める作業はやけどに注意ですが、今回のばたもち作りを生かして、園で子どもたちと一緒に活動していきたいです。

« 年中さんお味噌汁昼食会 | トップページ | 一からの畑づくり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年中さんお味噌汁昼食会 | トップページ | 一からの畑づくり »