« 玉ねぎの収穫と排水池づくり | トップページ | 年中組さん、玉ねぎレタススープ »

2019年6月10日 (月)

第1回 そば打ち体験

先日、食育サークルのイベント、第1回そば打ち体験が開催されました。場所はみどりの里、全部で13組のご家族、お父さんや兄弟での参加もみられ、そば打ちの台がすべてうまる参加組数でした。

今回、保健の酒井先生も参加してくださいました。

 

朝の10時からでしたが、9時半を過ぎたころから皆さん集まり始めて、そば打ちが始まるころには、会場の前で子どもたちが楽しそうに走り回っていました。

 

エプロンをし、手洗いをしたらそば打ち体験の始まりです。今回は、3人のインストラクターの方がそれぞれの台につき、一緒に作り進めていきます。そば粉400g、中力粉100gの二八そばです。水は250mlと少し、季節によって水の量を変えるそうです。

Img_7736

まずは、そば粉と中力粉を混ぜ合わせ、そこに水を半分入れて混ぜます。全体に水分が回ったら、残りの水を加えて混ぜ合わせ、こねていきます。こねるにはけっこうな力が必要で、ここでお父さんの出番です!こねて、こねて、こねて、ようやく塊になってきたら、シワがなくなるように更にこねていきます。こねて、ひと塊になり、次の工程にいくまでは、手にそば粉がついてベトベトになっても手は洗いません。手を洗いたくなりますが、そば粉とお水の量が変わってしまうため、次の工程にいくまでは我慢です。

Img_7743 Img_7747

ここまでは、皆さん楽しそうに話しながら作り進めてきましたが、麺棒で伸ばす作業に入ると真剣です。破れないように、縦にも横にも伸ばしていきます。薄く伸ばして大きな円になったらたたんで、今度は細く切っていきます。お父さんやお母さんと一緒に包丁を持ってゆっくりと切っていきます。すべて切り終えたらホッとひと息。今度は大きなお鍋でゆでていきます。

Img_7750 Img_7752 Img_7754 

ここで注意点です!お鍋におそばを入れたら、ゆで上がるまでは1度も混ぜてはいけないそうです。それは、混ぜるとおそばが切れてしまうから、だそうです。インストラクターの方が、切ったおそばの太さを見ながら、ゆで時間を決めていきます。順番におそばがゆで上がったら、盛り付けて出来上がり!!とっても美味しそうなおそばが出来上がりました。

Img_7755

「いっただっきまーす!!」と、家族そろって出来上がったおそばを食べます。

 

後日、食育サークルのお母さんたちと話す機会がありました。おそばをすべてゆでずに持ち帰ったご家族は、家でも美味しくいただきました、という話を聞いたり、今回そば打ち体験をして、お父さんがまた来たいと話していた、ということを聞きました。

 

今回、家族で参加できるイベントを開催することができて、こうして色んな話を聞くことができたことを嬉しく思います。

 

そば打ち体験は、あと2回開催する予定なので、参加する方々が、そば打ち体験を通して楽しい時間を過ごしてくれたらいいなと思います。

次回も楽しみです!

« 玉ねぎの収穫と排水池づくり | トップページ | 年中組さん、玉ねぎレタススープ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 玉ねぎの収穫と排水池づくり | トップページ | 年中組さん、玉ねぎレタススープ »