« 年中組さん、玉ねぎレタススープ | トップページ | 第3回そば打ち体験 1学期のまとめ »

2019年6月30日 (日)

第2回 そば打ち体験

 6/15()、第2回そば打ち体験を開催しました。天気はくもり、集合はゆっくりペースでした。
今回は、上田先生、西多先生、米林先生、八日市屋先生の先生チームと、9家族の皆さんが参加してくださいました。お母さんと子どもたちのグループが多く、その中でも小学校高学年の兄弟がみられ、お兄ちゃん、お姉ちゃんがよく頑張っていた印象を受けました。最年少は1歳、そば打ちの台の上に座って、一緒に粉を混ぜていて、とても可愛らしかったです。
 
今回もそば粉400g、中力粉100gの二八そばです。前回と同様に、水の量も250mlと少しを分けて混ぜていきます。
こねる工程は、やはり力が必要で、大人が中心となって指紋が残るくらいツヤツヤにこねていきます。Photo_20190630031501
Img_7924

生地を伸ばす工程も破れないように慎重に行なっていきます。麺棒できれいな円になるように生地を伸ばしていきます。そうすると、きれいな四角ができるので、長さの均一なおそばができるそうです。

Photo_20190630033601

 

Photo_20190630031602  Photo_20190630031603

先生チームはさすが大人だけのチーム。作る工程がとても速いです。しかし、インストラクターの方もよく分かっています。インストラクターからの容赦ない指導が入っていました(笑)切る時もひと言もしゃべらず、真剣です。

Img_7952 Img_7953 Img_7955  Img_7957

第2回は、前回よりも大人の人数が少なく、できあがったおそばを持ち帰る家庭が多かったです。お家でおそばをゆでる場合は、まず大きな鍋に水を沸騰させて、そこにパラパラとおそばを入れていきます。一旦おそばが鍋の中に沈み、上がってきてから3分はさわらない、ここがポイントです‼︎3分たたないうちにおそばをさわってしまうと、プツンと切れてしまうのだそうです。あとは、おそばの太さによってゆで加減を調整します。(だいたいゆで始めてから3分半or4分)

おそばをゆでている間にテーブルを出して、ゆで上がったグループから順に食べていきます。
ゆで上がったおそばを食べている頃、空が明るくなり、青空も見えはじめました。食べ終わって、おなかがいっぱいになった後、子どもたちは会場の外で楽しそうに遊んでいました。

みなさんが食べている間に、インストラクターの方からそば湯をいただきました。湯のみに麺つゆと刻んだネギを少々、そこへそば湯を入れて、いただきまきた。優しい味で、身体が温まり、とても美味しかったです。フッと力が抜けた、そんなかんじがしました。インストラクターの方は、「そば湯を飲んでいる時が、ほっとひと息できる時」と話していました。私たちがそば打ちをするのも真剣だけど、インストラクターの方も真剣なんだなということが伝わってきました。

第2回は先生たちの大人チームや、そば打ちの経験者もいて、とてもスピーディーに進んでいきました。
第3回はどのようなそば打ちになるのでしょうか。楽しみです!

Img_7976

 

 

« 年中組さん、玉ねぎレタススープ | トップページ | 第3回そば打ち体験 1学期のまとめ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年中組さん、玉ねぎレタススープ | トップページ | 第3回そば打ち体験 1学期のまとめ »