イベント

2016年3月15日 (火)

H27.2味噌づくり

桃の節句も過ぎて、いよいよ春ですね。
今年も、お世話になっているお味噌屋さんのご指導のもと、味噌作り教室が開催されました。


〈味噌の仕込み方〉

①一晩水につけた大豆を圧力鍋で炊き、ミンチする
②米麹と塩をよく混ぜ、①の大豆を入れて、さらによく混ぜる
③大豆の煮汁で柔らかさを調節する
④空気を抜くために、味噌樽に叩きつけるように入れる
⑤カビの繁殖を防ぐため、塩蓋をして完成 熟成させ、秋くらいにはおいしい味噌が食べられます。 このお味噌を使った、味噌汁昼食が今から楽しみです。


1456794848043 1


1456794851912 1


1456794855038 1


1456794857984
とても貴重な体験ができた1日でした。

年長組 最後の手作り昼食

日差しのうららかさに春の到来の喜びを感じております。 去る一月末、年長組では、最後の手作り昼食が行われました。

園庭の畑で、雪に埋もれた大根・カブを抜く子供達。 慎重に抜く子、力強く一気に抜く子、野菜が抜けると、どの子もとびきりの笑顔を見せてくれました。



1456794822997




冷たい水で手を真っ赤にしながら、抜いた野菜を洗ってくれました。 1456794818940



1456794827148 1



大根・カブの皮を剥き、白菜をちぎり、こんにゃくと豆腐をスプーンでちぎるなどグループにわかれて作業しました。



1456794834214




また今回は、里山で育てた餅米でおにぎりもつくりました。 みんな一生懸命、楽しそうにおにぎりを作りました。 いろいろな形のおにぎりがありました。


1456794837385 1
1456794840964 1




自分達で作ったおにぎりやお味噌汁はとてもおいしかったようで、あっという間になくなりました。 一生懸命作業し、たくさん食べる姿に、子ども達の成長を感じ、心も身体も温まる手作り昼食になりました。


1456794844876 1

2015年11月13日 (金)

年中・年長味噌汁昼食

 園庭の木々が葉を落とす季節になりました。涼しい風に、秋の深まりを感じます。 幼稚園では、のびのびフェスティバル(運動会)や秋の遠足を終え、ひと段落したところです。  食育サークルでは、秋の実りのお野菜を使って「味噌汁昼食」という行事を行いました。 園児の保護者から提供していただいた野菜や、幼稚園で育てた秋野菜を使って、食育サークルのお母さんボランティアが中心となってお味噌汁を作り、子供たちのお弁当の時間に提供します。 また、味噌汁に使用する味噌は、昨冬に食育サークルのイベントで作った手作り味噌をつかっております。


2


 今回の具材は、人参、大根、大根の葉、かぶ、かぶの葉、白菜、ゴボウ、里芋、サツマイモ、じゃがいも、ねぎ、豆腐と具だくさんです。出汁は、昆布からとっただし汁で、調理の仕上げに煮干しを入れました。味の要は、やっぱり、食育サークルで作った味噌ですね。

3


2



 年長児は、このほかに、自分たちで育てたサツマイモのつるを油でいため、砂糖と醤油で味つけしたものをいただきました。「甘い」「にがい」「おいしい」「苦手」「これ食べられるの?」子供たちからは色々な感想が出てきました。

1

4

 みんな真剣な顔でそろりそろりと熱いお味噌汁を席まで運び、一斉にいただきました。子供たちは「お魚(煮干し)が入っていたからうれしい」「お芋、おいしい」「この細長いものは何だろう」など楽しい会話をしながらのお昼タイムとなりました。
 

2




1

1446177737639

 






食後には、養護教諭の先生から、お味噌汁の中にはなにが入っていたでしょうクイズをしました。みんな興味をもって取り組めました。「にんじんは嫌いだけど、頑張って食べたよ」という子や、「僕、おいしくて3回もお代わりしたんだよ」といううれしい声もいただきました。

3


 寒くなるこの季節に、みんなと同じものを食べ、温かい思い出を共有することは、子供たちにとっていい体験になったのではないでしょうか。

 

2015年5月12日 (火)

27年度春 苗植え

 暖かな日差しの中、園庭の花々が芽吹き花開き始めています。藤棚の藤は、今年も見事な花を咲かせてくれました。  


  1431136581419 

 

 さて、先日、園庭に野菜の苗を植えました。 今年育てる野菜は、サトイモ、トウモロコシ、ナス、ピーマン、オクラ、キュウリ、トマト、枝豆、バジルです。


1431136634224
 

 お母様方も、鍬を片手に土づくりです。野菜作りのスタートは土づくりから。雑草や小石を取り除き、通気性がよく水はけのよいフカフカの土にします。


1431136588730
   

 苗がすっぽり入るぐらいの穴を掘り、優しくポットから出して植えます。 株元を軽く手で押さえたら、根元にたっぷりお水をかけましょう。



1431136613500




1431136643586 (1)
 

 この日は、、絶好の苗植え日和ということで、年長さん、年中さんのみんなも先生と一緒に苗を植えたそうです。  年中さんの植えた野菜はプチトマトと秘密の苗。何ができるか、お楽しみだそうです。子ども達が自分で育てることで、その物への愛着がわき、親しみの気持ちをもって植物にかかわることが出来るといいですね。

 仕上げに藁をかぶせます。この藁によって、土壌の無駄な乾燥を防いだり、地温が上がって野菜の成長を促すことができます。さらに、降雨や水やりの時に泥がはねて野菜に付着することを防いだり、畝に生える雑草を予防する効果もあるそうです。



1431141617046
 

 新学期が始まって早くも一か月。進級して、お兄さんお姉さんになり、ちょっぴり楽しもしくなった子供たち、新しい生活にドキドキしながらも、少しずつ慣れてきた子供たちと一緒に、今年も色々な経験を重ねながら、みんなで成長していけたらと思います。今年度もよろしくお願いします。

2015年3月 5日 (木)

一年間ありがとうございました

桃の節句も過ぎ、寒さがようやく和らいできました。

本日、年長さんにとって最後の参観日となり、修了式の練習に励む立派な姿を観ることができました。

本番さながらの緊張感。練習だけれど、母たちは涙をおさえられませんでした。

お弁当も本日が最後。
幼稚園生活最後のお弁当なので、きっと子供の大好きなもの、そして、母の愛情たっぷりのお弁当となったことでしょう。

食育サークルの今年度の活動も、終了となりました。


活動最後の日に、1年間お世話してくださったリーダーさんたちに、感謝の気持ちを込めて、お花を贈りました。

挨拶で涙ぐむリーダーさん。
この1年、私達サークルメンバーにはわからない苦労も多々あったことでしょう。

園内の野菜畑では、夏も冬も立派なお野菜が育ちました。収穫したお野菜は園児と調理して、みんなでいただきました。お味噌作りをし、作ったお味噌とお野菜で味噌汁昼食会も例年通り開催できました。
ぶどう狩りやりんご狩り。バーベキューや飾り巻き寿司教室。などなど沢山の園外活動も企画して下さりました。

リーダーさん、本当にお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

リーダーさんたちの意を引き継ぎ、来年度も楽しいサークルとなることでしょう。

来年度の活動も皆様ご期待下さい!!

2015年2月19日 (木)

年中さん味噌汁昼食

節分も終わり、暦では春ですね。

金沢はまだまだ寒い日が続いています。

本日、年中さんの2回目の味噌汁昼食がありました。


雨の中、食育サークルで育てたお野菜を収穫。


子供たちは、雨でも雪でもとっても元気です

1424352210002.jpg

沢山収穫できました☆

1424352210535.jpg

今回のお出汁は、前日から昆布を浸し、煮干しも丸ごと煮込みました。

1424352211166.jpg

お味噌は前回同様、サークルで作ったものです。上品な味わいに仕上がっています。

1424352211690.jpg

美味しくできたかな?

仕上げに三つ葉もちらしました。

なかに入っている具を宝探しのようにワクワクドキドキさせながら食べる子供たち。
里芋が一番人気でした。

おいしい♡と3杯おかわりする子もいて、お腹も心も満腹になった会でした

2013年3月10日 (日)

味噌つくり教室

今年度も中初商店さんのご夫妻のご指導のもと、手前味噌作りが行われました。

中初商店さんは、金沢の百年余り続く味噌、醤油作りの老舗で、無添加、品質本位を守り続けています。

今回のお味噌の原料も、国産の大豆、塩、麹を使って作りました。

5
5 posted by (C)食育サークル 3
3 posted by (C)食育サークル

圧力鍋を使えば、短時間で仕込むことができます。

IMG_20130221_101935
IMG_20130221_101935 posted by (C)食育サークル

大豆の煮る柔らかさは、指で簡単につぶせるくらいです。

4
4 posted by (C)食育サークル

つぶした大豆と麹を合わせるときは、力仕事です、みなさんで雑談しながら行いました。これも、お味噌がおいしく仕上がるポイントらしいです。

1
1 posted by (C)食育サークル 4
4 posted by (C)食育サークル

昨年度、初めて参加して、とても美味しく仕上がったので、今回の味噌も仕上がりが楽しみです。やはり、お味噌はほぼ毎日使うので、無添加で、手作りなのはとても安心できます。

昨年は、北側の物置に置いていたのですが、六月くらいにカビが生えたので、今回は北側の床下に置いてみることにしました。風通しよく、涼しい場所がおすすめです。

もちろん、カビが生えても取れば大丈夫です。

保管場所の違いで、味や色も様々になるようです。

熟成が進みすぎると、風味が落ちるので小分けして冷蔵庫での保管がよいとのことです。

2012年3月30日 (金)

第二回 味噌汁昼食

2月29日(水)今年度二回目となるお味噌汁昼食が行われました。

今回は 食育サークルに加えボランティアのお母様も6名ほど加わり、前日より煮干で出汁をとり、冬野菜の 白菜、大根、長ネギ、人参、ごぼうのほかに、甘みをだす玉ねぎ 、ジャガイモではなく里芋、そして出汁にもなる舞茸といったたくさんの季節野菜と お肉を入れない代わりにお豆腐、薄揚げをいれたお味噌汁を作りました。

そして 残った白菜などに、にんじん、塩こんぶを加え さらにボランティアお母様自家製の塩麹で味付けした浅漬けも1品として加えるなど 子供たちには 日頃のお食事とは違ったメニューです。

具だくさんお味噌汁  DSC01413(2)

「いただきます」の声とともに教室に子供たちの嬉しそうな笑顔と、「おいしいね」という声があふれました。
お弁当が終わるころには、お味噌汁のお鍋はほとんど空っぽ、お漬物も大好評でお皿はピカピカになりました。

DSC01425(2)  味噌汁昼食~年中2~

子供たちに具材の説明をしたのですが、「お魚言ってないよ」とある子が言いました。
私たち大人の感覚では煮干は出汁をとるものなので〈具〉としては考えていませんでした。
しかし、子供にとっては、お野菜などと同様に煮干も具材の一つになるのだなと、新しい発見をすることができました。

DSC01414(4)

幼稚園でみんなと同じものを頂く、温かいものをいただくという経験は子供たちの心も温めてくれるのではないかと感じた一日でした。

 

2011年12月19日 (月)

味噌汁昼食

味噌汁昼食

12月6日に、野菜たっぷりのお味噌汁を食育のサークルのお母さんたちが園で作り、年中さんのお弁当の時間に食べました。
Dsc01183 Dsc01184
一晩昆布と煮干しでだしを取り、お味噌汁の中味は大根、玉ねぎ、人参、かぶ、かぶの葉っぱ、里芋、白菜、ネギと野菜たっぷり!

材料 白菜    2玉    味噌  お玉1杯
    里芋   10個    いりこ  20本
    玉ねぎ  s3個    昆布  1/2枚
    ねぎ    2本
    人参    2本
    大根   中2本
    かぶ   大1個
    かぶの葉

野菜は玉ねぎ、里芋以外は皮つきのままで、味噌は昨年の食育サークルで作った自家製お味噌。たっぷりの野菜からでる甘味があり少量のお味噌でとても美味しく出来上がりました。
そのお味噌汁のだしをとった昆布と白菜、かぶの葉っぱを使い、天然塩と柚子でそくせきのお漬物を作りました。
Dsc01186 Dsc01187 Dsc01188
子供たちは、家から持ってきたおにぎりとお漬物と野菜たっぷりのお味噌汁で楽しい昼食になりました。
お味噌汁も漬物も「おかわりっ!」と2杯、3杯とおかわりをする子供たちがいて、「おうちではそんなに食べんけど…みんなで食べると美味しいね」などと言う声が聞けてとても嬉しかったです。我が子も家では食べない柚子の漬物を美味しそうに食べていてびっくりしました。出汁で入っていた煮干しも何人かの子供たちが食べたいと言い、美味しそうに食べていました。
みんなで一緒に食べるお味噌汁は格別のようですね…。

※ちなみに通常のお味噌汁の塩分濃度に比べ1/8も低い味噌の量でした。

Dsc01189 Dsc01191

恒例行事  お餅つき  が 行われました

去る12月9日(金)園の冬恒例行事となる「餅つき」が 行われました。

餅つき2
餅つき2 posted by (C)食育サークル

今年は前日から寒冷前線の影響もあり 吐く息も白く凍るような寒い空となりましたが、

年少のテラスには 臼が2基おかれ、ボランティアの方の威勢のいい掛け声の下 次々と

つきたてのお餅が出来あがっていきます。

餅つき3
餅つき3 posted by (C)食育サークル

出来あがった餅は、プレイルームに手早く運び込まれ、ちぎり・餡やきなこまぶし・といった作業工程を経ていきます。

これは 年長のお母様の有志の皆様のご協力と食育サークルでお手伝いしました。

つきたてのお餅の肌は、まるで赤ちゃんのように柔らかく優しく、それでいて 外気に長く触れるとすぐに固くなってしまうほどデリケートです

ですから スピード勝負!

しかし さすがお母様達の腕は素晴らしく、あっという間にコツを掴まれ 手早く出来あがっていくのは 魔法のようです

年少さんから運ばれ 子供たちの口へ

餅つき5
餅つき5 posted by (C)食育サークル

「つきたてのお餅を食べた事がある人~」

と先生の問いかけに手を揚げたお子さんは ほんの僅か

貴重な体験が出来て 子供たちは お腹と心が満たされた様子です

今年から園主催の行事となり、お母様のほかに 餅つきボランティアの方が加わってくださいました

おかげさまで 大変スピーディでかつ温かな会が出来た事と思います

皆様本当にお疲れさまでした。

後記としまして

私たちも試食をさせていただきました。

他では味わえない柔らかさと程良い塩加減~塩梅~がよろしく

美味しいお餅でした。

来年も是非お手伝いをさせていただけましたらと思っております。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー